胆石や尿路結石でお悩みなら【ケッセキケア】
高脂血症

高脂血症を分かりやすく解説!

高脂血症は、親からの遺伝や他の病気が原因のこともありますが、ほとんどの場合は乱れた食生活が関係しています。コレステロール値や中性脂肪値が高い人は、食事の内容に問題があるかもしれません。中年の男性に圧倒的に多いといわれている、高脂血症を分かりやすく解説します。

脂質異常症の治療法などを紹介します

脂質異常症へと改名された高脂血症は、自覚症状が無いという特徴があります。そのため動脈硬化や脳卒中などの危険な疾患や、コレステロールの過剰摂取が関係している胆石症のきっかけとなる病気だとはあまり知られていません。

他の生活習慣病に比べると軽視されがちな、脂質異常症の治療法や罹り易い条件など、さまざまな知識を紹介します。

未だに高脂血症と呼ぶ人が多いですが…

血液の中に含まれている脂質には、コレステロール・中性脂肪・リン脂質・遊離脂肪酸の4種類がありますが、このうちコレステロールや中性脂肪が過剰にある状態が高脂血症です。

どちらも体にとって必要な栄養素であり適量であれば問題ないのですが、多過ぎると動脈硬化をはじめ心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

なお未だに「高脂血症」と呼んでいる人が多いようですが、日本動脈硬化学会により2007年の7月に「脂質異常症」と名前が改められています。

発見する機会は健診の検査しかない?

高脂血症(脂質異常症)には、コレステロールのみが多い高コレステロール血症と、中性脂肪のみが多い高中性脂肪血症と、どちらも多い高コレステロール高中性脂肪血症の3タイプがあります。

どれも初期の段階では全く症状が表れないため、健康診断などでなければ発見できる機会はほぼ無いと言ってよいでしょう。動脈硬化になって心筋梗塞や脳梗塞へと進行し、意識障害などの発作が起きて初めて気付くという場合も少なくありません。

脂質異常症はこんな人がなりやすい!

年に1度は健康診断を受けて早期発見に努めることも大切ですが、何よりもやはり予防が第一です。下記の10項目が脂質異常症になりやすい条件ですので、自分と照らし合わせて危険度をチェックしてみて下さい。当てはまるものが多ければ多いほど要注意です。

脂質異常症になりやすい条件

  • 家族の中のだれかが脂質異常症や動脈硬化である
  • 健診で、高血圧や境界域高血圧と診断された
  • お酒(特にビール)が好きでたくさん飲む
  • 痛風にかかっている男性である
  • 50歳前後の女性で閉経している
  • 身長のわりに体重が多い肥満タイプである
  • 日頃あまり体を動かさず運動不足である
  • 糖尿病を患っている、もしくは血糖値が高い
  • 肉類や脂肪分が多く含まれている食べ物が好き
  • ケーキなどの甘い物や果物をよく口にする

食事療法や薬物療法が治療の基本です

高脂血症の治療は、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。なお生活習慣の改善とは、禁煙・食事内容の改善・適性体重の維持・運動量の増加の4つのことです。これらは血中脂質を下げる方法ですが、動脈硬化の進行を食い止めるための方法でもあります。なお、このなかで最も重要なのは食事内容の改善、つまり食事療法です。

食事療法について

高脂血症の治療には食事療法が不可欠です。具体的には下記のような内容の食事を心掛けるのですが、これは自分にとって理想的な体重を維持することにも繋がっています。

脂質異常症を治す食事
  • 獣肉類に多く含まれる脂肪「飽和脂肪酸」と、魚類に多く含まれる脂肪「不飽和脂肪酸」を1:1.5の割合で摂取する
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維を多くとる
  • 高コレステロール血症の人は、卵黄などコレステロールの多い食品を控える
  • 高中性脂肪血症の人は、果物など糖類を多く含むものや飲酒の量を減らす

薬物療法について

食事療法を半年ほど続けてもコレステロールや中性脂肪の値が下がらない場合や、遺伝が原因で起きる家族性高コレステロール血症の場合には、薬物療法を行います。どんな薬を用いるかや、それぞれの効果については以下の通りです。

高脂血症の薬とそれぞれの効果
LDLコレステロール HDLコレステロール トリグリセリド
スタチン 下げる 上げる
プロブコール 下げる
陰イオン交換樹脂 下げる
ニコチン酸誘導体 下げる 上げる 下げる
フィブラート系薬剤 下げる 上げる 下げる
イコサペント酸エチル 下げる

  • <結石胆石の基礎知識>原因・仕組み・合併症・治療方法・成分
  • <胆石症>自覚症状・検査・原因・症状
  • <尿路結石症>治療法・症状・原因
  • <注意したい疾患や合併症>腸閉塞・胆嚢炎・膵炎・黄疸・敗血症・肝炎
  • <結石コラム>栄養過不足・食事・漢方薬・牛黄