胆石や尿路結石でお悩みなら【ケッセキケア】
水腎症,膀胱尿管逆流症

水腎症・膀胱尿管逆流症について

水腎症や膀胱尿管逆流症は、膀胱へと運ばれるはずの尿が逆流してしまう病気です。尿管に結石が詰まってしまったり、先天的に尿管にトラブルを抱えていたりした場合は、適切な治療を行わなければ腎臓に障害が起きてしまいます。お腹が張ったり痛くなったりしたら、尿が滞っている証拠かもしれません。水腎症・膀胱尿管逆流症について紹介します。

尿が逆流する病気の症状や治療法など

老廃物や余分な水分などから成る尿は、腎臓や尿管などの尿路を通って体の外へと排出されなければなりません。尿は人体にとって有害で不要なものがたくさん混じっているからです。

尿の流れが阻害されるとどの臓器にどんな障害をもたらすのでしょうか。尿が逆流する病気・水腎症と膀胱尿管逆流症の症状や治療法などを紹介していきます。

水腎症は尿管の結石で起こることも

腎臓で生成された尿が下部までスムーズに流れなくなって滞り、腎盂が膨張してしまった状態のことを水腎症といいます。尿の流れが悪くなる原因はさまざまですが、先天的なものと後天的なものに大きく分けられます。

具体的な例を挙げると、生まれつき尿管が狭く子供に起きることが多いのが先天的な水腎症であり、膀胱や前立腺などの病気の影響で起きるのが後天的な水腎症です。

また、尿管に詰まった結石が引き起こしている場合もありますが、これは後天的な水腎症に分類されます。

ズキズキした腹痛が起きることも

水腎症の症状は原因疾患によって異なります。またゆっくり進行するという特徴がありいきなり症状が表れるようなことはありません。何となく腹部が痛かったり、腎臓の腫大によりお腹が膨らんだりして、やっと気付くこともしばしばです。

大人によく見られるのは腹痛ですが、特に結石が詰まって腎盂の内圧が急激に上昇した場合はズキズキとした強い痛みが起こります。なお、尿がせき止められると尿路感染症にかかりやすくなり、膿腎症へと進行する恐れがあるので注意が必要です。

診断や検査、治療内容について

主に超音波検査やCT検査、単純エックス線検査などで診断しますが、原因の特定には逆行性腎盂造影検査が有用です。これらの検査で水腎症が疑われたら、年齢や重症度などを考慮した治療が行われます。

先天性の水腎症や、悪性腫瘍の転移などで尿管が閉塞していた場合は外科手術を施行しなければなりませんが、前立腺肥大症などの後天的な水腎症の場合には、α遮断薬やホルモン製剤の投与などで治療することが可能です。

尿が逆流する膀胱尿管逆流症について

膀胱尿管逆流症とは、膀胱へと届くはずの尿が逆流し、腎臓へ戻ってしまう現象のことです。大人にも起こりますが、どちらかと言えば子供に多い傾向があります。

尿管と膀胱のつなぎ目が生まれつき弱かったり、逆流を防ぐための弁が上手く機能しなかったりなどの先天的な理由と、膀胱や尿道に結石ができるといった後天的な理由の2つがありますが、原因の特定ができないケースもまれにあります。

症状は高熱や脇腹の痛みなど色々

さまざまな尿路のトラブルにより尿が逆流すると、尿管や腎臓に細菌が感染してしまうため腎臓の機能低下が起こります。腎臓に感染すると高い熱が出たり、わき腹や背中が痛んだりなどの症状が表れますが、小さな子供の場合には、これらの症状に下痢や嘔吐などが加わることもあります。

開腹手術や内視鏡などで治療します

どの治療をどのタイミングで行うかについては、年齢や性別、腎臓の状態などを総合的に考えながら判断します。

なお膀胱尿管逆流症の治療には、抗生物質や抗菌薬を使って尿路感染症を予防する方法と、開腹手術で尿管の位置をずらしたり内視鏡的治療で逆流を防止する処置をとったりする方法の2つがあります。なお結石が原因であった場合には、体外衝撃波破砕術(ESWL)という衝撃派で石を破砕する治療を行います。

  • <結石胆石の基礎知識>原因・仕組み・合併症・治療方法・成分
  • <胆石症>自覚症状・検査・原因・症状
  • <尿路結石症>治療法・症状・原因
  • <注意したい疾患や合併症>腸閉塞・胆嚢炎・膵炎・黄疸・敗血症・肝炎
  • <結石コラム>栄養過不足・食事・漢方薬・牛黄

関連リンク