胆石や尿路結石でお悩みなら【ケッセキケア】
肝炎

胆石の症状と似ている肝炎を解説

肝炎は食べ物や血液に含まれるウイルスが体の中に入ったり、お酒を飲み過ぎたりすることで起きるとても身近な病気です。目や肌の色が黄色っぽくなったり、風邪を引いた時のように全身がだるくなったりしたら、胆石ではなく急性肝炎が原因かもしれません。胆石と症状がよく似ており、診断が難しいと言われている肝炎を分かりやすく解説します。

ウイルス性肝炎や急性肝炎について

解毒や恒常性の維持など、肝臓はさまざまな機能を司っています。この障害に強く働き者の臓器が、炎症を起こしてしまった状態が肝炎です。

肝炎は肝硬変や肝ガンへと進行することがある病気ですので、健康診断などで疑いがかけられたら絶対に放置してはいけません。ここでは胆石の検査で偶然発見されることの多い、ウイルス性肝炎や急性肝炎を中心に解説していきます。

肝炎の主な原因はウイルス感染です

肝臓が炎症を起こして赤く腫れてしまった状態のことを肝炎といいます。

アルコールや薬物・自己免疫疾患などが引き起こしていることもありますが、多くの場合はウイルスの感染であるため、一般的に肝炎というとウイルス性肝炎のことを指しています。

なお日本人では、発症者の約8割がウイルス性肝炎であると言われています。

日本人はABC型のウイルス性肝炎が多い

日本人に多いウイルス性肝炎ですが、その中でも更にA型・B型・C型のものが大半を占めています。

治療法はどれも安静や食事療法が基本であり、症状もほぼ共通しているのですが、感染経路やウイルスの潜伏期間などは異なっています。それぞれの特徴については以下を参照してください。

A型肝炎の特徴や治療方法

A型肝炎ウイルス(HAV)の経口感染によって起きるのがA型肝炎です。不衛生な地域へ旅行に行って生の魚貝類を食べたり、汚染された水を飲んだりすることが原因でありその昔は大流行しました。

体内に2〜6週間ほど潜伏したのち、突然高熱が出て下痢や倦怠感などの症状が表れます。安静にして低蛋白・低脂肪の食事をとるように心掛けると自然に治りますが、入院をすすめられて栄養補給のための点滴を行う場合もあります。

B型肝炎の特徴や治療方法

以前は輸血による感染が多かったのがB型肝炎です。B型肝炎ウイルス(HBV)が含まれる血液が傷口から体の中へと侵入することで起き、現在では母子感染や医療事故・性交渉などが主な感染経路となっています。

1ヶ月〜半年と長い潜伏期間を経たのち、発熱や黄疸などの症状が出ますが、できるだけ安静にして蛋白質や脂肪の摂取を控えるようにすれば2、3ヶ月で治ります。

しかし慢性化していた場合には、抗ウイルス薬や肝機能改善薬の投与などの薬物療法を行わなければなりません。なお、母子感染を予防するためのワクチンも存在しています。

C型肝炎の特徴や治療方法

C型肝炎ウイルス(HCV)の感染によって引き起こされるのがC型肝炎です。輸血による血液感染がほとんどであり、大人が感染すると70〜80%の人は慢性化すると言われています。潜伏期間は2〜16週であり、頭痛や発熱などの症状が表れるのですが、程度が軽いので気が付きにくいという特徴があります。

安静や低タンパク・低脂肪の食事摂取で治癒できますが、慢性C型肝炎へ進行してしまった場合は、インターフェロン療法による薬物の投与が必要です。

急性肝炎と胆石の症状はよく似ている

肝炎の原因は上記で述べたように各種ウイルス等さまざまですが、症状の表れ方や発症後にたどる経過などによって、急性肝炎と慢性肝炎と劇症肝炎の3つに分けることができます。

症状が6ヶ月以上も継続し肝硬変の原因となるのが慢性肝炎であり、重篤な合併症のきっかけとなり死亡率が高いのが劇症肝炎ですが、どちらも発端となるのは急性肝炎です。

急性肝炎は、初期症状として倦怠感や黄疸・食欲の減退などが表れるのですが、これらは胆石の症状とよく似ています。間違えやすいので、慎重な診断が必要とされます。

  • <結石胆石の基礎知識>原因・仕組み・合併症・治療方法・成分
  • <胆石症>自覚症状・検査・原因・症状
  • <尿路結石症>治療法・症状・原因
  • <注意したい疾患や合併症>腸閉塞・胆嚢炎・膵炎・黄疸・敗血症・肝炎
  • <結石コラム>栄養過不足・食事・漢方薬・牛黄