胆石や尿路結石でお悩みなら【ケッセキケア】
総胆管結石

総胆管結石について

総胆管は、消化作用を強化するために不可欠な胆汁を十二指腸まで送り届けるための大切な通路です。もし総胆管に石が詰まり、胆汁の流れがストップしてしまうと一体どんなことが起きるのでしょうか。ここでは胆石の1つである総胆管結石について紹介します。

原因や症状、検査や治療方法などを解説

総肝管と胆嚢管の合流部分である総胆管に、結石ができてしまう病気が総胆管結石症です。

管に石が詰まるという一見単純な障害ですが、治療しても合併症が起きてしまったり、進行すると命にかかわるような病気を発症したりするので非常に厄介です。総胆管結石の原因や症状、検査や治療方法などを詳しく解説していきます。

胆管とは? 総胆管結石って何?

肝臓と十二指腸とを繋ぐ管であり、胆汁の通り道として機能しているのが総胆管です。

この部分に石が詰まってしまった状態が総胆管結石であり、縮めて胆石と呼ぶこともあります。

胆嚢の結石が移動してきたことが原因であるケースが多く、右上腹部の疝痛や黄疸・発熱などの症状が表れますが、何の症状も表れない場合もあります。

放置すると恐ろしい病気に発展します

胆汁は十二指腸へ向かって流れている液体です。たとえ十二指腸の中の細菌が総胆管に混入したとしても、正常な状態であれば胆汁に流されて尿と一緒に排出されるため問題はありません。

しかし胆汁の通路である総胆管が石で塞がれてしまうと、胆管内に細菌が留まってしまい胆管炎の原因となります。また、そのままにしておくと敗血症やDICなどの恐ろしい病気も発症させてしまうこともあるので、早急な発見と治療が何よりも重要です。

発見にはPTCやERCPなどが有用

総胆管結石を調べる方法には、PTC検査(経皮経肝胆道造影)やERCP検査(内視鏡的逆行性膵胆管造影)などがあります。PTCは結石が十二指腸乳頭(ファーター乳頭)という場所に結石が詰まったときに有用な検査であり、ERCPは胆管のさまざまな精密検査のなかでも最も精度の高い検査です。

どちらも胆管に造影剤を注入してエックス線撮影を行うというものであり、鮮明な画像を得ることができるので診断にとても役立ちます。

症状が無くても治療は行います

胆管に結石があった場合は、症状の有無に関わらず必ず治療しなければいけません。細菌感染によって胆管炎を引き起こし重症化しやすいためです。

手術でお腹を切って総胆管にTチューブを埋め込んだり、お腹に開けた穴から腹腔鏡を入れたりなど治療方法はいろいろありますが、現在では体に傷が残らない内視鏡的治療が主流となっています。

内視鏡的治療の種類や手順など

内視鏡的治療は、十二指腸と総胆管の接合部分であるファーター乳頭を広げる作業から始まります。そのための方法には主に内視鏡的乳頭切開術と内視鏡的乳頭拡張術の2つがあり、どちらかを行った後はさまざまな器具で結石を取り除きます。

内視鏡的乳頭切開術について

ESTとも呼ばれている治療法です。内視鏡という先端にカメラがついた細長い器具を十二指腸まで挿入し、内部のようすをモニターなどで観察しながら、胆管の出口にあたるファーター乳頭を電気メス(ESTメス)で切り広げます。

内視鏡的乳頭拡張術について

バルーンダイレーターを利用してファーター乳頭部を広げる治療法であり、EPBDとも呼ばれています。内視鏡を十二指腸まで入れ、先端についたバルーンダイレーターを乳頭に留置し、生理食塩水を注入して膨らますことで拡張させます。

結石の除去に使う道具は?

上記のいずれかの方法で乳頭部を広げたら、バスケット把持鉗子(はじかんし)やバルーンカテーテルという道具を使って結石の除去を行います。

前者は石を破砕したり砕かずにそのまま摘出したりする時に用いられる道具であり、料理に使うかき混ぜ器のような形をしています。

また後者は砂のように細かい石を掻き出す時に使われる道具であり、風船のように先が球状になっているのが特徴です。

  • <結石胆石の基礎知識>原因・仕組み・合併症・治療方法・成分
  • <胆石症>自覚症状・検査・原因・症状
  • <尿路結石症>治療法・症状・原因
  • <注意したい疾患や合併症>腸閉塞・胆嚢炎・膵炎・黄疸・敗血症・肝炎
  • <結石コラム>栄養過不足・食事・漢方薬・牛黄