胆石や尿路結石でお悩みなら【ケッセキケア】
成分

バリエーション豊富な結石成分の解説

胆道や尿路にできる結石の成分はバリエーションが豊富です。硬さや色や形などはもちろん、できる原因や発症率などもそれぞれ違っています。発見された結石がどんな成分で構成されているのかを調べると、発症の原因を突き止めたり、結石ができている場所の見当をつけたりすることが可能になります。どの結石症に罹っているかを知る手掛かりとなる、結石の成分について解説します。

代表的な結石の構成成分を紹介します

一口に結石といってもその種類は1つではありません。成分や外観・性質などさまざまな点で異なっています。

ここでは胆道や尿路にできる多種の結石成分のなかでも、特に代表的な、カルシウム結石・コレステロール結石・尿酸結石・リン酸マグネシウムアンモニウム結石・ビリルビンカルシウム結石・シスチン結石について紹介しています。

シュウ酸&リン酸カルシウム結石について

カルシウム結石は成分的に見ると、シュウ酸カルシウム結石とリン酸カルシウム結石の2つに分けられますが、尿路結石の中でも圧倒的に多いのはシュウ酸カルシウム結石です。

この結石は動物性脂肪の取り過ぎが大きく関係している結石であり、カルシウムとシュウ酸が尿中で結びつくことで生じるものです。石は黒褐色か黄褐色をしており、金平糖のように表面がギザギザと尖っています。

そのため尿管にひっかかってしまい、尿と一緒に流されにくいという特徴があります。またリン酸カルシウム結石は、シュウ酸カルシウムと混じり合っている場合が多い結石であり、この成分だけの純粋なものはあまりありません。

最近よくみられるコレステロール結石について

最近よくみられるようになったコレステロール結石は、食生活の欧米化が深く関係している結石です。主に胆嚢や胆管にできるため、コレステロール胆石と呼ばれることもあります。

またコレステロール結石には、純粋にコレステロールのみでできている純コレステロール結石と、他の成分も混ざり合って形成されている混合石の2種類があります。

前者は白くて丸く、後者は濃茶色でサイコロのような形をしているという特徴があるのですが、私たち日本人からよく発見されるのは後者の混合石のほうです。

尿酸結石は「尿酸」が結晶化したもの

高尿酸血症の男性に多く、痛風の原因にもなるのが尿酸結石です。黄褐色や赤茶色で表面がつるつるしているという特徴があり、プリン体を多く含む食品の過剰摂取などによりできると言われています。

尿酸はエネルギーの代謝の際にできる廃棄物、つまり体にとってはいらないゴミです。尿がアルカリ性であれば、溶けて尿と共に体外へと排泄されるのですが、増え過ぎたり尿が酸性に傾いたりすると、固まって尿酸結晶ができてしまいます。

リン酸マグネシウムアンモニウム結石とは?

リン酸マグネシウムアンモニウム結石は、プロテウス菌などの細菌が尿路に感染することでできる結石です。茶褐色や黄褐色で壊れやすく、男性よりも尿道の短い女性にできやすいという特徴があります。

プロテウス菌は尿素をアンモニアと二酸化炭素とに分解する働きを持っており、分解により生じたアンモニアは尿のアルカリ度を上昇させます。

するとリン酸マグネシウムアンモニウムはアルカリ性の水に溶けにくい性質を持っているため、結晶化して結石ができてしまうのです。また結晶は一度できると、細菌が増える → 結晶が成長するという悪循環を生み出してしまいます。

ビリルビンカルシウム結石は細菌感染でできる

ビリルビンカルシウム結石は、肝内結石症の主な原因となる結石です。ビリルビンは赤血球中にあるヘモグロビンが、赤血球が寿命をむかえると共に壊れる際に生じる物質です。

ビリルビンができると、血流に乗って肝臓へと移動し、そこでグルクロン酸という多糖成分と結びついて胆汁になります。そして最後に胆管のなかを通り、便の中へ排泄されるという経路をたどります。

しかし体内に細菌が侵入した場合、細菌が持つ分解酵素により胆汁から分離してしまいます。その結果カルシウムと結合して結晶化が起こり、ビリルビンカルシウム結石が形成されます。

シスチン結石は遺伝性の病気が原因

尿路結石には、尿細管の機能異常などによって起こる遺伝性のものがあります。その代表的なものが、シスチン尿症という遺伝病によってできるシスチン結石です。シスチン結石は尿路結石全体のわずか1%であり、シスチン尿症自体も非常に珍しく1万8千人中わずか1人の割合でしかみられません。

この結石はベッコウ飴のような淡い黄色をしており、尿管につかえると激しい痛みを引き起こします。遺伝性の病気がもとであるため再発の頻度が高いのですが、原因となる遺伝子は発見されており研究が進められています。

  • <結石胆石の基礎知識>原因・仕組み・合併症・治療方法・成分
  • <胆石症>自覚症状・検査・原因・症状
  • <尿路結石症>治療法・症状・原因
  • <注意したい疾患や合併症>腸閉塞・胆嚢炎・膵炎・黄疸・敗血症・肝炎
  • <結石コラム>栄養過不足・食事・漢方薬・牛黄